スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ADA

2009年02月17日 21:57

WEB上で発表された今回の通販禁止措置について。
あくまでも個人的な意見を言えるとすれば、
私はADAという会社が好きだと言うより、ADAの作る製品が好きだと言うことです。
アクアを始めて3年前、ショップでみたメタハラが映し出す魚の陰や、天井に映る光の波とか、
すごくワクワクした記憶があります。
あの時体験した、ワクワクできた気持ちを、今後とも味わせてくれる企業であってほしいと思います。

「人が生き物を飼育する上での責任」
今回の通販禁止措置よりも、こちらのほうが色々考えさせられました。
今まで何度か魚たちを病気で死なせてしまいました。
それは理由が分からなかったものもありますが、自分の管理不備だったこともあります。
どんなに小さくても、私と同じ命をもった生き物、その責任について考えないといけないなと思います。

生産側と、消費者側の意見は必ずしも一致するのものではありませんが、
お互いにいい方向に進むよう考えることは大切だと思います。
ADAに言いたいことは、
アクアジャーナルにも世界水草レイアウトコンテストに申し込まれたユーザーの作品を、
あなた方は自分達の発行する雑誌に使っているということの意味について、考えてみてはどうかと思います。



コメント

  1. ko-chixxx | URL | -

    No title

    この件には皆さん、いろいろな意見があると思います
    ADAに対する思い入れの深さによって違ってくるのでしょうね
    しかし、plaiystさんがお考えになったように
    「人が生き物を飼育する上での責任」を
    再度、自分に問う良い機会になったことは確かだと思います
    アクアリウムというものは身近な自然に目を向ける
    非常に良いキッカケになると思います
    自分の水槽を基点に身近な自然に目を向ける方が
    増えると良いと思います
    スイマセン、最後が違う方向に行ってしまいました ^^;

  2. playist | URL | -

    ko-chixxx 様

    こんばんは。コメントありがとうございます。
    おっしゃっていること、大変よく分かります。
    身近なところから自然環境について考えるという意味では、
    アクアリウムは最適とまでは言えませんが、
    色々なことを学べるのでいいですよね。
    今問題になっている地球温暖化も規模が大きすぎて実感するのが難しい部分もありますので、
    身近なものから生き物が生きていく環境について考えることも意義があると思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://playist.blog86.fc2.com/tb.php/36-f82d65cd
この記事へのトラックバック


Profile

playist

Author:playist
FC2ブログへようこそ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。